四十肩・五十肩はどうしておこるの?

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 四十肩・五十肩で腕があがらない
  • 野球やテニス、運動中に肩を痛めた
  • 肩を脱臼してしまった
  • デスクワークで肩こりがひどい
  • 肩こりがひどい時には、めまいや吐き気がする

四十肩・五十肩ってどんな症状? | 三原市 やはら鍼灸整骨院

正式には、四十肩・五十肩は「関節周囲炎」と呼ばれています。

その症状が肩の関節周辺で起こるので、四十肩・五十肩と言われることが多いです。

また、肩甲骨と上腕骨・鎖骨の関節周囲には多くの筋肉・腱・靭帯が付着しています。

 

そのため、日常の姿勢や筋バランスの崩壊が原因で、

炎症を含め様々な問題がおこりやすい部位と言えます。

普通の肩こりとはどう違うの?

普通の肩こりは「筋肉の疲労」です。

しかし、五十肩・四十肩は「関節の炎症」となっています。

 

そもそも肩こりは、身体の歪みやそれによる悪い姿勢・緊張などによって

肩や首周りの筋肉が疲労して、血液循環の低下を起こしてしまい

ガチガチに固まった緊張状態の事を言います。

一方40肩・50肩では以下のようなものが挙げられます。

 

1.腕の筋肉の端にある腱の炎症

2.上腕骨頭周囲の筋バランスが低下しての可動制限

(偏った姿勢や使い方で周囲の筋バランスの均衡が保てなくなり、本来の動きを失ってしまうもの)

3.骨と腱板にある「肩峰下滑液包」の炎症や石灰沈着のよる場合など

四十肩・五十肩は放っておいても治るの?

この症状は確かに放置しておいても約半年~1年で痛みは治まります。

しかし、痛くて動かせない期間が長期に及んでしまうと、

問題のないはずの筋肉や靭帯の機能低下が進んでしまいます。

 

痛くなくなったとしても、

以前のように動かせなくなることが多いです。

患者様の声

三原市 50代 gontorioさん 肩の痛み

知人の紹介で通院を始めましたが、始めて来させていただく時は、どんな整骨院なのか、先生は優しいのかなどあれこれ心配していました。
でも、先生方が元気よく挨拶してくれて、ホッとしたことを思い出します。

大変な状態になって来院して、ご迷惑をお掛けしていますが、症状に応じて親切ていねいに施術してくださり、感謝しています。
患者さんに接する先生方の様子に感心し、いつも元気をいただいてます。これからもずっと通院したいと思っています。

※効果には個人差があります。

三原市 10代 肩の痛み・スポーツ障害

私はバドミントンをしていて、
肩を痛めたけど、やはら鍼灸整骨院に来て丁寧に施術をしていただき、だいぶ良くなりました。
先生方がとても親切に接してくれ、また通おうという気持ちになります。
ありがとうございました。

※効果には個人差があります。

症例

三原市 60代 女性 五十肩

肩の痛みを訴えて60代女性が来院されました。五十肩の症状で着替えができないほどの悪い状態でした。

診察すると骨格に歪みがあり、内臓の位置にも問題がありました。歪みの矯正と内臓の位置を調整してあげることで、だんだんと手があがるようになり、2週間ほどで着替えができるように。
まさか肩があがらない原因が内臓の位置によるものとは思いもしなかったと、因果関係に驚かれていました。

※効果には個人差があります。

三原市やはら鍼灸整骨院|お問合せはこちら

tel:0848620123

topへ戻る