鍼灸治療

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 出産で開いた骨盤が元に戻らない
  • 妊娠前に履いていたズボンが履けなくなった
  • 出産してから腰痛がでてきた
  • 出産後にしっかりと骨盤のケアをしておきたい
  • 骨盤の歪みがきになる

産後骨盤矯正が必要なわけ|三原市やはら鍼灸整骨院

産後骨盤矯正

妊娠中は赤ちゃんが体内から出やすくするように産道が広がり、同時に骨盤も最大限に広がります。出産後3~4ヶ月ほどかけて左右交互に骨盤が元に戻ろうとする働きが起こり徐々に骨盤が固まっていきます。
骨盤周辺がまだやわらかい産後3ヶ月ごろまでに猫背になったり、脚を組んだりするなど姿勢が悪いことによって身体のバランスが崩れ骨盤が正常な位置に戻らず、歪んだまま固まってしまいます。
一度骨盤が固まってしまうと元の正常な位置に戻りにくくなります。
産後の骨盤の位置が戻らない状況が続くと、骨盤周りの血行が悪くなり、脂肪を燃焼しにくくなったり、脂肪が蓄積し太りやすい体質になってしまいます。
また、骨盤が広がることで太りやすい体質になるだけでなく、血液・リンパ液の流れが悪くなることによって肩こり、腰痛、冷え性などにも繋がります。
他にも、骨盤は内臓の受け皿の役割も担っているため、内蔵にも悪影響を与えてしまいます。
出産前には感じることのなかった体調の変化を予防するために、骨盤を正常な位置に戻しましょう。

産後骨盤矯正の特徴|三原市やはら鍼灸整骨院

  • 産後骨盤矯正STEP1

    まずは、骨盤の周りの筋肉を緩めていきます。骨だけを動かしてもすぐに戻ります。
    周りの筋肉をゆるめる、骨が本来の位置に戻りやすくすることにより、効果が持続します。

  • 全身のズレをチェック

    妊娠中はお腹に赤ちゃんがいるため、腰が痛くなったり、膝が痛くなったりします。
    その為、痛みを庇う為に猫背になったり、反り腰になったり全身がゆがんだり、
    ズレたりします。しっかりと全身のバランスをチェックして骨盤だけではなく全身を
    診ます。

  • 股関節の調整を行い歪みを都と寝る

    産後、股関節や恥骨に痛みはありませんか?骨盤の歪みが圧迫して股関節や恥骨にも痛みがきます。
    産後様々な体の痛みやトラブルにお悩みの方はぜひ、三原市のやはら鍼灸整骨院にご相談下さい!

やはら鍼灸整骨院の産後骨盤矯正は骨格・筋肉・内蔵の3つの部位へアプローチしていきます。

骨盤のみならず全身へアプローチすることにより、骨盤周辺の筋肉や内臓のメンテナンスをおこなう根本治療を行っております。

やはら鍼灸整骨院の産後骨盤矯正を受けて頂くことで骨盤の歪みが改善されるだけでなく、体質の改善、体調の回復、肩こり解消、腰痛・頭痛の防止、冷え性の改善、などのお悩みを解決致します。また、背骨の歪みにより改善をすることで自律神経を整え、ストレス軽減や不眠症の解消が期待できます。

出産後の身体は出産の負担、育児の負担により体力を消耗している状態です。
骨格を整え、筋肉緊張の調整を体に掛かる負担が少なくなるようじっくり行うことで骨盤矯正を行っていきます。
当院の骨盤矯正はボキボキ音が鳴らしたり、強い力を加えたりするような治療は致しません。特殊なベッドを用いて患者様のお身体に負担が少ない施術を行っております。

産後骨盤矯正

産後骨盤矯正を始めるタイミングは?|三原市やはら鍼灸整骨院

 

産後骨盤矯正は出産後2ヶ月~6ヶ月以内に行うことが望ましいです。
産後1ヶ月以内は出産の影響がまだ身体に残っており、体力が低下しているため産後骨盤矯正を始めてしまうと悪露が全部出てこないことがあるため、最初の1ヶ月は安静にしてください。
また、産後6ヶ月以上経過すると女性ホルモンを分泌し骨盤が閉じ、固くなり始めるため矯正が難しくなります。
産後2ヶ月~4ヶ月目を目安に矯正して頂くとより効果が出やすいです。
一度骨盤を調節しても、産後の骨盤は元に戻ろうとする力が強いため一度の産後骨盤矯正で元の正常な位置に戻るとは限りません。産後骨盤矯正で大切なことは「調整」と「定着」です。
じっくりと骨盤の位置を元にもどすため一週間に一度、または二週間に一度のペースで4ヶ月間の期間を目安に骨盤矯正を行うことが大切です。

産後骨盤骨盤矯正

三原市やはら鍼灸整骨院|お問合せはこちら

tel:0848620123

topへ戻る