坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • お尻に痛みや痺れがある
  • 身体を動かすと、お尻や足に痛みが出る
  • 足に力が入らない、冷感がある
  • 数メートル歩くだけで痛みが出現し、休憩しないと歩けない
  • 座っているだけでも、上記のような痛み・痺れがある

坐骨神経痛ってなんで起こるの?

腰からお尻にかけて、太もも、ふくらはぎにかけて坐骨神経が走っています。

この神経が圧迫されることによって、

お尻や足に痛みと痺れが発生します。

 

また、神経の圧迫される場所によって障害の起こる

部位にも変化が現れます。

そのままにしておくと、筋肉が弱ってしまいその他の動作にも支障が出てしまいます

坐骨神経痛が改善しない・悪化する理由

過度の負荷動作(重いものを持つ・長時間同じ姿勢をしている等)が多くなると、

骨や筋肉に圧迫されるため悪化しやすくなってしまいます

 

また、姿勢が悪いことにより圧迫されている可能性もあるために、

過度の負荷に覚えがない方でも改善しないことが多々あります。

 

痺れと痛みのある方は、早めの治療が必要となります。

心当たりのある方は早めの治療をお勧めします。

三原市 やはら鍼灸整骨院の坐骨神経痛に対する治療法は?

身体にかかっている負荷を整えることで普段の姿勢を改善し、

圧迫されている部位の状態を緩和させていきます。

 

腰痛だけでなく、坐骨神経痛の症状ある方も骨盤がゆがんでおり、

腰やお尻に大きな負担がかかっています。

正しい姿勢を教えこむことで、負担が減り症状の改善を図ります。

 

また、筋肉の弱っている方にもストレッチやトレーニングを行い、

一人一人に合った施術を行っていきます。

 

患者様の声

三原市 60代 H.Oさん 腰の痛み

私は腰が重くて痛みがあります。
週に3~4回施術を受けています。痛みが酷い時は鍼をしてもらっています。
毎年一回は腰が痛くて立てなくなり、そんな時は1週間ぐらい通ったら良くなります。

先生が親身になって施術して下さってよくなっています。ありがとうございます。

※効果には個人差があります。

症例

三原市 50代 男性 ギックリ腰

仕事柄、どうしても前かがみになることが多く、ぎっくり腰で動けなくなり来院されました。座っているのも辛いと訴えておられました。
触診すると、腰椎がだいぶ後湾してしまっており、筋肉がオーバーヒートして身体を支えきれない状態になっていました。

急性の痛みは3回ほどで落ち着きましたが、再発防止で骨格・筋肉調整などのため10回ほど通っていただき、改善しました。

※効果には個人差があります。

三原市やはら鍼灸整骨院|お問合せはこちら

tel:0848620123

topへ戻る